TAPポルトガル航空搭乗記(ハンブルク→リスボン→モントリオール)

ドイツ・ハンブルクからポルトガル・リスボン経由で、カナダ・モントリオールまで

TAPポルトガル航空を利用しましたので、ご紹介します。

TAPポルトガル航空:

https://www.flytap.com/

搭乗年月:2020年12月

出発空港:HAM / ドイツ・ハンブルク

到着空港:LIS / ポルトガル・リスボン

到着空港:YUL / カナダ・モントリオール

便  名:TP569 & TP253

運行会社:TAPポルトガル航空

運行機材:E190/195 & A321neo

<TP569便>

出発時刻:15:40(HAM)

到着時刻:18:00(LIS)

飛行時間:3時間20分

<TP253便>

出発時刻:19:45(LIS)

到着時刻:22:30(YUL)

飛行時間:7時間45分

経由時間:1時間45分(LIS)

会員資格:スターアライアンスゴールド会員

TAPポルトガル航空ビジネスクラス搭乗記:

TAPポルトガル航空ビジネスクラス搭乗機(ロンドン→リスボン)
今回は、ロンドン・ヒースロー空港からポルトガル・リスボン・ポルテラ空港まで、TP1357便のビジネスクラスに搭乗しましたので、ご紹介いたします。TAPポルトガル航空:搭乗年月:2020年11月出発空港...

ハンブルクからリスボン

ハンブルク空港です。

コロナ禍なので、免税店などのお店は、ほとんど閉まっていました。

ハンブルク空港の搭乗ゲートです。

お店が開いていないので、搭乗ゲート近くしか人がいませんでした。

若干の悪天候でしたが、大きな遅延もなく搭乗が始まりました。

飛行機への入口です。

ヨーロッパ域内線の短距離用機材なので、見てのとおり狭いです。

前方が一応ビジネスクラス席となっていましたが、全て2-2の配列です。

エコノミークラスと前方ビジネスクラスは、カーテンで仕切るようになっていました。

とはいえ、どちらも2-2配列なので、座席幅は全て同じです。

シートピッチは、スタンダードな31インチ。

特に窮屈さは感じませんでした。

座席下にカバンを入れることもできます。

個人モニターは、ついていませんが、ヨーロッパ短距離便では普通です。

A320neoのビジネスクラスシートは、こちらの記事から↓

TAPポルトガル航空ビジネスクラス搭乗機(ロンドン→リスボン)
今回は、ロンドン・ヒースロー空港からポルトガル・リスボン・ポルテラ空港まで、TP1357便のビジネスクラスに搭乗しましたので、ご紹介いたします。TAPポルトガル航空:搭乗年月:2020年11月出発空港...

ポルトガル空港到着直前の機内からです。

海が見えるのは良いですね。

ポルトガル・リスボン空港に着陸です。

遅延なく無事に到着しました。

リスボンからモントリオール

リスボン空港の搭乗ゲートです。

本当は、TAPラウンジに寄る予定だったのですが、

EU域外に出るパスポートコントロールを通る前にあったのに気づかず、

出国審査を受けてスルーしちゃいました。

ラウンジも何もないので、搭乗ゲート付近は、混雑していました。

搭乗です。

コロナ禍でしたが、思ったより人は多かったです。

機内への入口では、アルコール消毒ティッシュを配っていました。

機内に入って前方5列は、ビジネスクラス座席でした。

やっぱり新しい機材は、きれいで良いですね。

また機会があったら乗ってみたいですね。

エコノミークラスです。

3-3の配列です。

モダンなデザインで、エコノミー座席もきれいです。

座席には、ブランケットが置かれていました。

A321neoという新しい機材は、良いですね。

タッチ式の個人用モニターもちゃんとついています。

映画1、2本は見られる飛行時間だったので、韓国映画を見ました。

面白かったです。

画面の大きさも、小さくなくてちょうど良い大きさでした。

機内食

TAPポルトガル航空エコノミークラスの機内食です。

機内食は、この1回のみでした。

ライス&チキンがメインディッシュ。

その他、サラダ、パン、デザートがついていました。

味は、普通に美味しかったです。

モントリオール到着

モントリオール空港到着です。

さすがは、モントリオール。外を見ると真っ白。雪に覆われていました。

他の便と到着が重なっていたようですが、コロナ禍なので人は少なかったです。

それでも、無事に到着できたので何より。

まとめ

TAPポルトガル航空の中長距離エコノミークラスは、初めてでしたが、

これくらいの飛行時間であれば、エコノミークラスでも十分ですね。

時間帯も、機内で寝なくても良いフライトだったので、比較的楽でした。

日本への就航はまだなので、乗る機会は中々来ないかもしれませんが、

また自由に旅行ができるようになったら、ぜひ搭乗してみてください。

その他フライト搭乗記:

フライト・マイル
「フライト・マイル」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました