カンクンで憧れの”オールインクルーシブ”ホテル NYX Cancun宿泊記

今回は、メキシコ・カンクンのオールインクルーシブホテルをご紹介いたします。

オールインクルーシブホテルとは?

  • 宿泊費に食事やドリンク、施設利用などが含まれているホテルです。
    →滞在中は、飲み食い放題・遊び放題の全部込みのプランです

Hotel NYX Cancun / ホテルNYXカンクン:

HOTEL NYX CANCUN en México, Web oficial
El HOTEL NYX CANCUN es un hotel 4 estrellas en Cancun México. Reserva en la Web Oficial del HOTEL NYX CANCUN.

移動:ホテルへ

初日は、パナマからの移動だけだったので、ビーチからは離れているホテルに滞在していましたが、

その翌日からは、待ちに待ったオールインクルーシブホテルでの滞在開始です。

↓初日のカンクンで宿泊したホテル↓

場所は、上の地図でも分かるとおり、カンクンのリゾートホテルが集結する

ホテルゾーン」=ビーチフロントのホテルです。

ホテル間の移動は、車で30分。

公共交通機関で移動できなくもないですが、スーツケースもあるので、
Uberで移動しました。

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

所要時間は、ほぼグーグルマップどおり28分、

料金は、MX$199.99(1MX$=7円換算で、約1,400円)

※結構リーズナブルです!

ハンプトンホテルのあるCumbresからバスも出ているみたいですが、

安全と楽さを考えて、やはり移動はタクシーもしくはUber等の配車アプリがおすすめです。

それでは、いざオールインクルーシブホテルへ!

チェックイン

チェックインは、15:00からです。

少し早めに着いてもお部屋の準備ができていればチェックインしていただけます。

今回は、5泊の滞在で、予約が3泊+2泊に分かれてしまっていましたが、

チェックインの時にスタッフに伝えたところ、5泊とも同じ部屋で用意していただくことができました。

そして今回滞在したお部屋はこちら。

  • Standard Room / スタンダードルーム (窓無しの可能性有)
  • Deluxe Room / デラックスルーム (オーシャンビューではない)
  • Sunset Suite / サンセットスイート (ビーチと反対側のラグーンビュー)
  • Junior Suite / ジュニアスイート (パーシャルオーシャンビュー)
  • Master Suite / マスタースイート ← 予約したお部屋

お部屋タイプの中で、確実にオーシャンビューとなるのは、一番上のマスタースイートのみです。

せっかくのカンクン旅行なので、今回は、ケチらず一番上のマスタースイートに滞在しました。

※お部屋は後ほどご紹介します!

チェックインの時に、オールインクルーシブについての説明があります。

  • 朝食:ブッフェ式朝食 at 指定の朝食会場、時間は7:00 – 11:00
  • 軽食:Deckというレストランとビーチエリアで提供、時間は11:00 – 17:00
  • 昼食:Deckというレストランでアラカルトメニューで注文可、時間は12:00 – 17:00
  • 夕食:Umami、Chianti、Deckの3つのレストランで食事が可、時間は18:00 – 22:30
  • ドリンク:DeckまたはBarで提供(ソフトドリンク、お水、ビール、ハウスワイン、カクテル)

※UmamiとChiantiでの食事は、事前予約が必要です。

※アルコールドリンクも、基本的には、含まれていますが、レストランのボトルワインなど、
 一部追加料金が発生するものもありますので、事前に確認しましょう。

説明を受けたあとは、お部屋のカードキーを受け取って、チェックイン完了、、、

なのですが、ルームキーとは別に、「タオルカード」と呼ばれるカードも一緒に受け取ります。

これが何なのかというと、ビーチやプールに行く時に大きなタオルを借りることができるカードです。

タオルを借りる時にカードは回収されてしまうのですが、またフロントから翌日分のカードを受け取ることができます。

アクティビティーデスク

ロビーにあるチェックインデスクの反対側に、アクティビティーデスクがあります。

ここでは、マリンスポーツなどのアクティビティや観光ツアーなどを予約することができます。

今回は、利用する機会はありませんでしたが、何か面白そうなツアーが見つかるかもしれません。

お部屋:Master Suite / マスタースイート

今回は、オーシャンビューのマスタースイートに5連泊しました。

またチェックイン時に、追加料金(US$120)を払うことで、
バルコニーの広いお部屋にアサインしていただくことができました。

マスタースイート:リビングルーム

お部屋のドアを開けると、リビングスペースがあります。

リビングにはテレビ、大きめのソファーが置かれていました。

入口からベッドが見えないつくりになっていて、プライバシーも保たれた設計になっています。

ダイニング

リビングとベッドルームの間には、小さめのダイニングテーブルと椅子が置かれていました。

オールインクルーシブなので、基本的には食事はレストランなのですが、

お部屋で少しお茶をしたり、軽食やお菓子をつまむには十分な大きさです。

お部屋には、コーヒーマシーンが1台置かれていましたので、お部屋でお茶することもできます。

ただ、個人的には、近くのレストランでコーヒーをテイクアウトして持って帰ってくるほうが楽で良いかなと思います。

ベッドルーム

ベッドは、キングサイズで、バケーションステイには最適な広々としたベッドです。

ベッドルームにも、テレビが1台と、デスクが1台置かれていました。

テレビの大きさは、リビングと同じで大き過ぎず小さ過ぎずのサイズでした。

デスクも、大きくはありませんが、特に仕事をしに来たわけではないので、
パソコンを開く程度には十分なスペースがありました。

おまけ:ハネムーンデコレーション

カンクンは、ハネムーンの人気ランキングでも上位に入るリゾート地です。

そのため、ここホテルゾーンのリゾートホテルには、ハネムーンカップルも多く宿泊しています。

こちらが、主にハネムーンカップルが宿泊するお部屋のベッドメイキングになります。

ハネムーンではありませんでしたが、2日目か3日目の夜、ホテルの部屋に戻ったところ、

このようなデコレーションをしていただいておりました。

こちらは、ホテルのおもてなしの一つですので、事前にホテルにハネムーンであることを伝えておくと、このようなデコレーションがされたお部屋にアサインされるはずです。

お部屋のドアに、HONEYMOONと書かれた横断幕のようなものが貼られているお部屋もありました。

バスルーム

比較的こじんまりとしたバスルームで、ヘアドライヤーも備え付け1台でした。

それでもやはり嬉しいのは、シンクが2台あることです!2台あると本当に便利です。

残念ながら、このお部屋にはバスタブはなく、シャワーブースのみとなっておりました。

日本人にとっては、お風呂がなくて少し寂しい感じがするかもしれませんが、

お部屋の広さやビーチフロントの快適さを考えれば、特にマイナスポイントではありませんでした。

唯一少し気になったのは、バスルームの換気が悪く、湿気が溜まりやすい点でした

バルコニー:オーシャンビュー

低層階ではありますが、広々としたバルコニーで、前に何も遮るものがなく、

本当に素晴らしい景色のバルコニーでした。

バルコニーからは、下のプールやビーチも見えます。

低層階とはいえ、毎日この綺麗なカリビアンブルーを見れたことは、本当に良かったです。

せっかくカンクン・ホテルゾーンに滞在するのであれば、
絶対にオーシャンビューのお部屋をおすすめいたします。

レストラン:オールインクルーシブ

Hotel NYX Cancunの中には、全部で4つのレストランがあります。

  • CHIANTI
  • DECK
  • UMAMI
  • BELLAVISTA

どれもオールインクルーシブのサービスに含まれているので、基本的には追加料金なしで

食べたり飲んだりできます。

ただ、営業時間や利用方法には注意が必要です。

CHIANTI:事前予約が必須、ドレスコード有、3泊につき1回の利用が可能

UMAMI:事前予約が必須、ドレスコード有、5泊以上の宿泊客のみ利用可能

BELLAVISTA:午前7時ー11時までの朝食の時間帯のみ営業

今回は、全てのレストランを利用しましたので、1つずつ紹介いたします。

DECK:カジュアルレストラン

まずは、一番利用機会の多かった”DECK”をご紹介します。

このレストランは、午前11時から午後10時半まで営業しており、

ランチ、軽食、ディナー、夜食など、予約なしで利用することができます。

ご参考までですが、チェックインの時に早く着いてしまった場合、

こちらのレストランで待つこともできるようなので、お部屋に行く前から飲んだり食べたりできてしまいます。

サラダとシーフードタコスです。

メキシコと言えば、やっぱりタコスとワカモレ!

本当に美味しくて、滞在中は何度もリピートしました。

アラカルトメニューですが、オールインクルーシブなので、何回でも頼めます。

混んでいる場合もありますが、できればビーチサイドの席がおすすめです。

横目にカリビアンブルーの海を眺めながら美味しいメキシコ料理が堪能できます!

こちらは、別日のランチメニュー、チキンソテーです。

タコス等の定番メニューも固定でありますが、日替わりメニューもあるので、毎日来ても楽しめます。

ドリンクも飲み放題なので、何度も何度もモヒートを注文させていただきました。。

オールインクルーシブなので、色々と頼んでみて美味しかったものを、翌日リピしていました。

こちらは、ディナービュッフェです。

毎日、違う国をテーマにスペシャルディッシュが提供されていたりします。

ブッフェでも色々な料理やデザートまで楽しむことができますが、

ディナーもランチ同様アラカルトメニューもあります。

定番のタコスやお肉料理もあって、アラカルトメニューもおすすめです。

食後のコーヒーまであって、ゆっくりできるレストランです。

ちなみに食事をしなくても、ドリンクだけでも来ることができます。

予約なしで利用できるレストランなので、1日に何回でも来ることができて、
自由度も高くてとても良かったです。

CHIANTI:イタリアンレストラン

こちらは、3泊ごとに1回の利用が可能なイタリアンレストランです。

カジュアルなDECKとは違い、

予約必須ドレスコードあり

のレストランですので、注意が必要です。

アクセス方法は、まずホテルのロビー階にあるCHIANTIと店名の書かれた場所から入ります。

ロビー階から下りる階段があるので、こちらに進みます。

階段を下りると、バー・ダイニングのお店が現れます。

こちらで、受付をし、席に案内されるのを待ちます。

今回は、窓側の席に案内されました。

事前に席が決まっているわけではないようなので、早めの時間帯であれば、

空いている席の中から好きな場所を伝えれば、多少は融通がきくはずです。

こちらは、前菜です。

コース料理でメニューが決まっているのではなく、

アラカルトで前菜からプリモ、セコンド、、デザートなど、好きに注文できます。

メインはお肉料理にしました。

その他、マルゲリータピザ、パスタ、ボンゴレなどを注文してみました。

驚くほど美味しいわけではありませんが、十分に満足できるクオリティーでした!

最後は、ティラミスを注文して、オーダーストップ。

アラカルトの中から、あれこれと気軽に頼めてしまうのもオールインクルーシブの魅力です。

今回は、ボトルワインを注文していないので、料理・ドリンク全て支払いなしとなりました。

ただし!忘れてはいけないのは、チップです。

日本ではチップ文化がないので、馴染みがないかもしれませんが、

レストランにはテーブルごとに担当のサーバーがいるので、

サービスが悪くなければ、チップを置いていくのが通例です。(もちろん強制ではありません

今回の場合、オールインクルーシブで食事代の精算はなかったのですが、

感謝の気持ちで、少しチップをテーブルに置いていくと良いでしょう。

※目安は、オールインクルーシブでなければ支払ったであろう金額の10%程度ですが、
 チップはあくまでも気持ちなので、一律ホテル内では5ドルなど、自分なりの感覚で問題ありません。

UMAMI:日本食レストラン

ここのホテルには、ありがたいことにうま味 (UMAMI) という日本食レストランがあります。

このレストランは、今は、5泊以上する宿泊客でないと利用できないので、
ショートステイの場合は、利用できないので注意が必要です。(2023年1月時点)

UMAMIでの食事は、テーブルでのアラカルト注文の予約と、

時間指定の鉄板焼きコースがあります。

最初は、予約が取れなかったので、アラカルトで席だけ予約で行ってみました。

ちょっと、サーブが遅いなとは思いましたが、満席状態で、結構人気のレストランです。

アラカルトなので、好きなものを注文できるのですが、

小皿も含めてメニューは色々と種類がありました。

お刺身セットです。

うーん、完全に冷凍の刺身で、解凍の質が良くなく、正直これはシェフのミスだと思います。

レビューには、美味しいというコメントもあるので、

おそらくタイミング的に混雑している時間帯とか、ちゃんとしたシェフの時であれば、
しっかりとした質の刺身が出てくるのかもしれません。
ちょっと個人的にはがっかり刺身でした。。。

お寿司です。

やっぱりお寿司は良いですねー!

もちろん日本クオリティーではないですが、それでもお寿司が食べられて嬉しかったです。

海老のフライです。

日本っぽさはなかったのですが、普通に美味しかったです。
これはリピしました。。

最後は、抹茶ケーキで締めました。

鉄板焼きコース

UMAMIは、滞在中2回利用したのですが、

2回目は、事前に予約をした鉄板焼きコースを楽しんできました。

鉄板焼きコースは、開始時間が決まっていますので、指定された時間にお店にいる必要がありますが、

日本っぽいデザインのお店で、目の前で調理パフォーマンスが見られる人気コースです。

※完全にアメリカの某鉄板焼きレストランBENIH○NAのパクリです(笑)

メインをシーフードやステーキなどの数種類から選択すると、

あとは、お味噌汁や小鉢、チャーハンな決まった料理が順番に提供されます。

鉄板焼きコースは、料理の味と言うよりも、調理パフォーマンスのほうが印象に残ります。

一緒に参加した他のご家族の方やシェフ、皆さん気さくな方達で、とても楽しいディナーでした。

時間的な自由度は少し低いですが、タイミングがあえば、

ぜひ一度は利用してみるのをおすすめします。

Bellavista:朝食会場

最後にご紹介するレストランは、Bellavistaです。

こちらは、チェックインロビーと同じフロアにあるレストランです。

Bellavistaは、午前中のみの営業となっており、所謂、朝食会場となっています。

営業時間は、朝7時から11時までと、一般的なホテルの朝食時間と同じような感じです。

オールインクルーシブプランで宿泊する場合は、こちらの朝食ももちろん含まれますので、

自由に出入りできます。

ビュッフェ形式の朝食で、エッグステーションもありました。

メキシコの一般的な朝食メニュー、チラキレスやケサディーヤも用意されており、

あとは、パンやデニッシュ類がそれなりに多く提供されていました。

南国らしくフレッシュなフルーツジュースや、果物も豊富に用意されていて、

朝食メニューもとても良かったです。

メキシカンコーヒーも特徴的なマグカップで提供されていて新鮮でした。

クラブで遊んだり、夜遅くまでお酒を飲んだりするのも良いですが、

早寝早起きをして、朝食から美味しいものを食べてリラックスするバケーションもおすすめです。

BAR / バー

ホテルの中には、4つのレストラン以外に2つのバーがあります。

1つは、プールサイドにあるMAGIC BARです。

昼間から営業しており、とにかくお酒を飲みたい人は、
オールインクルーシブプランで飲み放題なので、思う存分お酒を楽しむことができます。

もう一つは、チェックインロビーのすぐ横にあります。

昼間は、普通の待合スペースですが、夜になると薄暗くなってバーっぽい雰囲気に変わります。

海&ビーチ

やっぱり、カンクンと言えば、このカリビアンブルー!!

ビーチが目の前。カンクンのホテルゾーンに宿泊するのは、このためです。

青い空に青い海、本当に美しい景色です。

この景色を見るだけでも、本当にカンクンを訪れる価値があると思います。

ビーチの前には、カバナとビーチチェアがずらっと並んでいます。

カバナ(囲いのある半プライベート個室のようなベッド)のレンタルは有料ですが、

ビーチチェアは、無料で使うことができるので、皆さん朝から場所取り合戦です。。。

これが正しい場所の確保の仕方なのかは分かりませんが、
朝になると皆さんタオルやバッグを置いて、その日の席を確保しています。

朝から夕方までは、基本的にはビーチで過ごす方が多いので、

朝の場所取りに失敗した場合は、

  • 有料でカバナをレンタル
  • ビーチにタオルをひいて寝っ転がる
  • ビーチチェアが空くのをひたすら虎視眈々と狙って待つ
  • ビーチを諦めて別のことをする

これらが選択肢になります。

天気も良くて絶対にビーチで過ごしたい!と思う日があれば、

頑張って早起きをして場所を確保しておきましょう。

!ただ、中には他の人が置いた場所取り用のタオルをどかして、席をとる人もいるので、
 朝行ったからといって確実ではないこと、貴重品は絶対に置いたままにしないようにしてください!

あとは、のんびりは横にはなれないですが、

レストランDECKの前には、食事用のテーブルとチェア&パラソルがあるのですが、

こちらは、比較的空いていることが多く、ビーチチェアが空いていない場合は、

この席を荷物置きの拠点として、モヒートを飲むなり、読書するなり、海を眺めるなり、

ゆっくり時間を過ごしてみましょう。

ホテルごとに一応ビーチのエリアが決まっていて、NYXの場合は、

青いNYXと書かれたフラッグがあり、その間であれば、宿泊客は自由にビーチを使うことができます。

※誤って隣のホテルのビーチチェアを使わないようにご注意ください。

あと、最近のカンクンは大量の藻が流れ着くことがあります。

運悪く、藻の発生日に当たってしまった場合は、写真のようにせっかくのきれいなビーチが、
茶色い藻で汚れてしまいます。

ビーチの景観も損なわれますが、海の中も大量の藻が発生しているので、
こういう日に当たってしまった場合は、ゆっくりとホテルの部屋などで過ごすか、
ビーチ以外の場所を観光してみたり別プランに変更するのも一つの手です。

晴れている日の朝は、日の出がホテルから綺麗に見えます。

オーシャンフロントのお部屋であれば、バルコニーからも見えますし、
波の音も近くで聞きたい場合は、朝から場所取りも兼ねてビーチで日の出も見るのもおすすめです。

ビーチの食事

ビーチには、食べ物や飲み物の注文を受けてくれるホテルスタッフが歩き回っています。

小腹が空いた時や飲み物が欲しい時は、このスタッフに声をかけてほしいものを伝えてください。

少し時間はかかりますが、写真のようなナチョやドリンクを自分の席まで持ってきてくれます。

そして、これらもオールインクルーシブなので、お金を持っていなくても大丈夫です。

ホテルNYXカンクンの場合は、外でバーベキューをやっていることがあり、

日替わりや時間帯によって、ハンバーガーやピラフなどを提供していました。

これらは、ビーチのホテルスタッフに頼んでビーチチェアまで運んできてもらうもよし、

バーベキュー会場まで行って自分で受け取ってくるのもよし、

または、レストランDECKで食べることもできます。

個人的には、海老の入ったシーフードピラフと、上の写真の作りたてバーガーが美味しかったです。

その他

ここからは、オールインクルーシブのプランとは関係ありませんが、

PCR検査と空港送迎についてご紹介いたします。

もう今はコロナの陰性証明書が必要なケースはほとんどありませんが、

ホテル内に抗原検査&PCR検査を受けられる場所が設けられていました。

PCR検査でも24時間以内に結果が出るので、海外渡航に必須だった時期には大変助かりました。

この時は、まだコロナ陰性証明書が必要な時期だったので、
ホテル内の施設でPCR検査を受けてきました。

検査自体は、5分ほどで終わって、翌日に陰性結果をメールで受領しました。

空港送迎:ホテル → カンクン空港

空港までは、事前に送迎をお願いしてあったので、送迎車でホテルから移動しました。

ただ、利用したのは、ホテルの送迎サービスではなく、エクスペディア(Expedia)経由で予約した
現地のツアー会社手配の送迎サービスです。

スーツケースも余裕で積み込めるバンタイプの車で、

送迎料金は2,000円ちょっとでした。(安い!)

当日タクシーだとすぐに呼べなかったりする可能性もあるので、
個人的には、事前に空港送迎サービスを予約しておくと、決まった時間に迎えにきてくれるので安心です。

送迎サービスを行う会社はいくつかありますが、個人的に特にこだわりがなければ、

エクスペディアの空港送迎予約から予約できる現地のツアー会社経由で、
空いている車を配車してもらうのが、一番安いかなと思います。

メモ

<滞在メモ>

  • 宿泊日数:5泊6日
  • 宿泊予約:ホテルズドットコム (Hotels.com)
  • 会員資格:ゴールド会員
  • 客  室:マスタースイート(オールインクルーシブプラン)
  • 宿泊料金:約¥240,000 / 5泊(¥48,000 / 泊)

※ホテルゾーンには、1泊10万円程度の高級ホテルもあるので、
 その約半額で宿泊できるこのホテルはお値打ちでおすすめです。

<ホテルメモ>

  • バスタブ:なし(シャワーブースのみ)
  • プラグ:タイプA(日本と同じ)
  • クラブラウンジ:なし
  • プール:あり(屋外)
  • バスアメニティ:ホテルPB
  • コーヒーマシン:あり
  • 湯沸かし器:なし

公共のバス停も近く、カンクンを観光するにはとても便利な立地にあります。

お手頃にオールインクルーシブホテルを体験したいのであれば、

ホテルNYXカンクンは、マスタースイートからはとても素晴らしいカリビアンブルーの景色で、

本当におすすめです!

その他旅行記:

旅行
「旅行」の記事一覧です。
旅行
JAYU LIFE


カナダ・モントリオールを拠点に活動中のトラベルブロガー。


海外在住歴:
カナダ、アメリカ、イタリア
韓国、ドイツ


保有会員資格:
・ヒルトンダイヤモンド会員
・スターアライアンスゴールド会員
・スカイチームエリートプラス
・プライオリティパス会員
・ホテルズドットコムゴールド会員


インスタ、Twitterのフォロー、YouTubeチャンネルの登録お願いいたします。

JAYU LIFE (Instagram)

JAYU LIFE (Twitter)

JAYU LIFE (Youtube)

JAYU LIFE TRAVEL

コメント

タイトルとURLをコピーしました