ナイル川が一望できるホテル コンラッドカイロ宿泊記 / Conrad Cairo

今回は、エジプト・カイロにある5スターホテル、コンラッド・カイロをご紹介します。

https://www.hilton.com/en/hotels/caicici-conrad-cairo/

Conrad Cairo / コンラッド・カイロ:

チェックイン

このホテルに泊まる前は、同じ通りにあるラムセス・ヒルトンに宿泊していたので、
ホテルにはUBERで移動しました。

ラムセスヒルトン宿泊記:

コンラッド・カイロまでは、ラムセスヒルトンからUberで5分ほどでした。

歩いても良かったのですが、スーツケースを状態の悪い道を引いていくのは気が引けたので、
Uberでの移動を選択しました。カイロは交通費が安いので、150円くらいでした。(安っ!)

チェックインは、ダイヤモンド会員やゴールド会員であれば、
22階にあるエグゼクティブラウンジでもできます。

エグゼクティブラウンジは、飲み物もあるので、
少しリフレッシュしながらチェックインするのが良いと思います。

お部屋

一番お値段の安いクラシックルームを2泊分予約していましたが、
チェックインの際に、ダイヤモンド会員特典・ゴールド会員特典で、
エグゼクティブルームにアップグレードしていただきました。

  • クラシックルーム ←予約したお部屋
  • デラックスルーム
  • エグゼクティブルーム ←アップグレード後のお部屋
  • エグゼクティブプレミアルーム
  • ナイルスイート
  • エグゼクティブスイート
  • ロイヤルスイート

今回のアップグレードは、2ランクアップでした。

最上階は24階で、20〜24階が全部エグゼクティブフロアになっています。

通路は、カーペットフロアでした。

高級感があって良いのですが、スーツケースを自分で運ぶ場合は、
車輪が転がらないので、こういう時は、ベルボーイにお願いしてしまうのもありですね。

King Executive Room

高層階のエグゼクティブルームですが、その中でも一番スタンダードなお部屋なので、
普通の広さのお部屋でした。

ただやっぱりコンラッドブランドなので、家具などのインテリアは、
ヒルトンブランドよりも高級感のあるつくりでした。

キングベッド1台のお部屋にしていただきました。

ツインのお部屋もあるので、ベッド2台が良い方は、そちらにしてもらいましょう。

コーヒーやお茶、ペットボトルのお水が置いてありました。

湯沸かしポットもありますが、念の為一度水洗いして、
ペットボトルのお水を沸かしました。

このお水はお願いすれば、置いてある2本以外にも無料でいただくことができました。

クローゼットも入口に設置されていました。

アメニティは、Shanghai Tang

コンラッドは、バスルームアメニティが良いですね。

コンラッド・カイロは、お部屋にバスタブが付いています。

シャワーブースも別であるので、使い勝手が良いですね。

お部屋からは、ナイル川を見ることができました。

スタンダードなお部屋なので、パーシャルビューというのが正しいのかもしれないです。

スイートルームだと、正面にナイル川が見えるお部屋があります。

夜は、中庭のようなスペースから音楽が聞こえてきました。

結構うるさかったので、反対側のお部屋だともっと静かに過ごせるのかもしれません。

コンラッドの中では、至って普通のお部屋でしたが、
高級感のあるお部屋、バスアメニティ、ナイル川ビュー、どれも満足できるものでした。

エグゼクティブラウンジ

この記事の中でもチェックインのセクションでご紹介しましたが、
22階にエグゼクティブラウンジがあります。

ラウンジアクセス権のあるエグゼクティブルーム以上のお部屋での宿泊、もしくは、
ダイヤモンド会員であれば無条件に入室が可能です。

ラウンジに入ると、左右にスペースが広がっています。

窓側には、二人掛けのダイニングスペースがあり、
中央には、ソファとテーブルのリラックススペースとなっています。

お茶やコーヒーなどドリンク類は、常に置いてあるので、
ラウンジの営業時間内は、いつでも好きな時間に来てゆっくりできます。

朝の時間帯は、朝食も用意されており、
夕方は、軽食が提供されていました。

エグゼクティブラウンジは、ほとんど人がおらず、とても静かな雰囲気でした。

ラウンジの朝食コーナーです。

それほど種類は多くないですが、パンやシリアルなど基本的なものは全て揃っていました。

ラウンジのホットミールです。

種類は多くありませんが、静かなラウンジ食べることができて満足でした。

エグゼクティブラウンジは、エグゼクティブフロアにあってすぐに行けるので、
朝食もカクテルタイムの軽食も手軽に食べられて本当に良いサービスだなと思います。

テラス

ラウンジには、テラス席があります。

数席しか設置されていませんが、開放感があって景色も良く、本当におすすめの場所です。

遮るものなく、目の前にナイル川の景色が広がっています。

ラウンジのテラスからの眺めは最高です。

滞在中、このテラスからの眺めが一番のお気に入りでした。

お部屋でゆっくりするよりも、ラウンジのテラス席でナイル側の景色を眺めながら
ゆっくりするほうが気持ちよかったです。

ただ、外なので暑いです(汗)それだけ注意です。

ホテル朝食

ヒルトンゴールド会員&ダイヤモンド会員は、無料朝食特典がついているので、
朝食付プランでなくても、ホテル朝食をいただくことができます。

ホテル内にある”SOLANA“というレストランが朝食会場です。

場所は、チェックインカウンターのあるロビーフロアの一つ上です。

朝食会場は、広いです。

人が少なかったので、余計に広く見えました。

朝食メニューは、ソーセージや野菜炒めなどの一般的なメニューのほか、
お米や、ターメイヤと呼ばれるエジプトのコロッケのようなものなど、エジプトならではのメニューも用意されていました。

味は、普通に美味しかったです。

ヘルシーな感じのメニューは、少なかった気がしますが、
フルーツやヨーグルトもあって、全体的なメニューの種類はそれなりにありました。

プール

屋外プールがあったので、行ってみました。

この時は誰もいなくて貸切状態でした。

プールのまわりには、ビーチチェアがいくつもあって、
泳がなくても、パラソルの下で本を読みながらゆっくりするのも良いですね。

誰も使っていなかったせいか、プールやビーチチェアは綺麗でした。

プールからお部屋に戻るときに通りかかったのですが、
中庭のような場所には、小さなイベントステージがありました。

まとめ

カイロでは、コンラッド・カイロよりもラムセス・ヒルトンのほうが知名度がありますが、
コンラッド・カイロのほうが高級があって良かったです。

ラムセス・ヒルトンと2泊ずつして比較してみたのですが、(時期にもよると思いますが、)
この時は、明らかにコンラッド・カイロのほうが人が少なくて、
エグゼクティブラウンジ、朝食会場、プール、どこにいっても全然人がいませんでした。

ラムセス・ヒルトンは、ラウンジが小さいというのもあるせいか、
夕方の軽食タイムは、結構人が多くて、完全に密な時間帯もありました。

宿泊する日によっては、コンラッド・カイロのほうが、
ラムセス・ヒルトンよりも安い時があるので、もしお安く泊まれるのであれば、
コンラッド・カイロをおすすめいたします。

特にホテルでゆっくりしたい人は、ナイル川の良い景色が見えるラウンジがあるので、おすすめです。

ヒルトンホテル宿泊記:

Hilton
「Hilton」の記事一覧です。

エジプト旅行記:

エジプト旅行
「エジプト旅行」の記事一覧です。

その他旅行記:

旅行
「旅行」の記事一覧です。
Hilton
JAYU LIFE


カナダ・モントリオールを拠点に活動中のトラベルブロガー。


海外在住歴:
カナダ、アメリカ、イタリア
韓国、ドイツ


保有会員資格:
・ヒルトンダイヤモンド会員
・スターアライアンスゴールド会員
・スカイチームエリートプラス
・プライオリティパス会員
・ホテルズドットコムゴールド会員


インスタ、Twitterのフォロー、YouTubeチャンネルの登録お願いいたします。

JAYU LIFE (Instagram)

JAYU LIFE (Twitter)

JAYU LIFE (Youtube)

JAYU LIFE TRAVEL

コメント

タイトルとURLをコピーしました